小学生 PLSシステムレッスン

小学生 PLSシステムレッスン


PLS級(ランク)について


子供英会話クラスでは、PLS方式に基づく10級から4級までの
7段階の級(ランク)のプログラムに沿って授業を行います。


●英会話を当校でスタートして1年目を10級とします。クラス内で少しずつテストを行い、合格すると1ランクずつ上がり
  修了証がもらえます。
●1つの級にかかる時間は、子供の年齢やクラスの人数などにより多少差はありますが、目安として10級、9級で各約1年
  から1年半、それ以上では各1年半から2年を要します。幼稚園年長でスタートした場合、約7〜8年で終了する内容です。
●英単語、質問や答、表現、文章は、子供の成長と言語の習得過程上、最も自然に効果を上げ、生活で必要とされるものを
  厳選しカリキュラム化しています。
●らせん階段を上がるように、着実に反復しながら進級します。
●各級の内容をクラスで学びながら、ご自宅ではPLSオリジナルリスニング教材を聞いていただきます。絵カードを見ながら
  CDを聞いて、様々な日常表現や単語、質問・答えなどを学ぶことで、英語を聞く量を2倍にも3倍にもします。

10級

聞き取りを中心に、ゲームを通してからだ全体で楽しく覚える

●基本のあいさつ
●ネイティブスピーカーの英語をシャワーのように浴び、聞く耳を育てる
●英単語(色・数・身近な名詞・家族の呼び名・動詞など)を正確な発音で学習
●日常英語表現、クラスル−ムイングリッシュ(クラスで使う英語)の学習
●簡単な質問に即答
●TPRメソッド(Total Physical Response・英語で命令され、動作をして覚える教授法)を発展させたペアワーク
●宿題プランに添って自宅学習(毎日10分〜15分のリスニング)の習慣付け
●クラスメ−トとの協力、ル−ルを守る、スマイルし、目線を合わせて話す、などの基本マナ−の学習

9級

文章による自己表現とフォニックスによる音と単語の関係を意識

●語彙力強化、簡単な文章作りとスピ−チによる自己表現する
●より進んだレベルの質問に即答するのみでなく、“Do you〜? “Can you〜?”など、生徒同士でも質問し合う
●アルファベットの基本の音とそれで始まる単語を学ぶことで、読み書きの基礎となるフォニックスの学習をスタート
●動詞の進行形
●アルファベットを書く


8級

より高度な文章作りと、読み書きの基礎練習

●9級で学んだ内容を発展させ、自分・家族・友達などについてスピーチ
●フォニックスの発展、3文字単語(例 dog)を読み後半にはアルファベットを書く。
●質問と答えを発展させた対話学習
●is, areの区別や主語に伴う動詞の変化を学習
●動詞の過去形を使ったPeer Talk


7級

4技能を総合的に学習、サバイバルイングリッシュを身につけ、海外でのホームステイも可能になる

●8級の力を発展させ、聞く、話す、読む、書くの4技能を総合的に学習
●耳で学んだ内容を文字で確認 
●リーディングのテキストを読み、内容について英語で質問に答える。
●対話の発展学習 
●自由スピーチ
●文法を意識し、英語の構造を知ることで、独自の文章作りを練習


6級〜5級

時制や文型の自然な理解、サバイバルイングリッシュの完成

●動詞の過去形、未来形、完了形を導入
●日記を書く。
●中学3年間で学ぶ単語や文型の理解
●道を聞く、レストランでのオーダーなど、生活に必要な会話を学習
●クロスワードパズルを通して、英語の語彙を増やし、スペリングを身につける。
●長文を読んで意味を把握し、内容を自分の言葉でまとめる練習




サイト名: グリーンオーク英会話スクール|長野県|上田市|駅前|   http://www.greenoakenglish.com
この記事のURL:   http://www.greenoakenglish.com/modules/tinyd1/index.php?id=2